しまのや琉球もろみ酢に副作用があった?

しまのや琉球もろみ酢に副作用はあったのでしょうか。

 

琉球もろみ酢は、天然の成分で作られています。原材料としては、もろみ酢の粉末、オリーブ油、イカスミ色素、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ゼラチンです。これらの中に、副作用を起こしそうな原材料はあるでしょうか。

 

ないですね。

 

そもそも、しまのや琉球もろみ酢は薬ではなくサプリメントです。食品なので、副作用というものはないのです。

 

 

ただ、気をつけたいのは飲み方です。公式サイトによると、1日3粒(3球)を目安に水かぬるま湯で飲むように、と明記してあります。つまり、4粒(4球)以上を早く効果を出したいとか欲張って飲んだとしても、それは逆効果になるということです。

 

場合によっては、体調が崩れてしまうことも考えられます。お腹がゆるくなったり下ったり、という人もいるかもしれません。また、水かぬるま湯と表記されているのにカフェイン入りの飲み物と一緒に飲んでしまって効果が薄れてしまうという場合も考えられます。

 

 

自己流の飲み方ではなく、表示されている通りに、毎日飲み続けることできちんとした効果を得られるというものです。

 

副作用は、薬にはありますが、サプリメントにはありません。